ホーム > JASTROについて > 遡及的研究における倫理事項の解釈と対応
JASTROについて

遡及的研究における倫理事項の解釈と対応

遡及的研究における倫理事項の解釈と対応

JASTRO会員 各位
 
個人情報保護法の拡大解釈により従来の遡及的研究(全国規模、多施設共同研究など)の遂行ですら困難になっているというお問い合わせをいただいています。現時点での解釈と対応をスライド3枚にまとめております。参考にしていただき、病院当局や自治体との交渉に役立てていただければ幸いです。
 
                      データベース委員会委員長 手島 昭樹
                         teshima@sahs.med.osaka-u.ac.jp
                                                                   06-6879-2570
                         倫理事項担当 沼崎 穂高
                                                 numasaki@sahs.med.osaka-u.ac.jp
                                                                   06-6879-2575

認定放射線治療施設

認定放射線治療施設 北海道 東北 関東 東京 東京 甲信越 甲信越 北陸 北陸 中部 関西 関西 中国 四国 四国 九州・沖縄 九州・沖縄 九州・沖縄

広報情報