放射線治療専門医への名称変更について

日本放射線腫瘍学会認定医各位

一般社団法人 日本放射線腫瘍学会

理事長 平岡 眞寛
放射線治療専門医制度委員会委員長 三橋 紀夫

拝啓

新緑の候、益々の御健勝とお慶び申し上げます。日本放射線腫瘍学会ならびに認定医制度への平素からの御高配に心から御礼申し上げます。
このたび、平成21年5月1日に施行された日本医学放射線学会(JRS)の放射線診断専門医制度規程および放射線治療専門医制度規程に基づき、これまでの様々な「専門医」の名称から、「放射線診断専門医」または「放射線治療専門医」に名称変更していただくこととなりました。

そこで、JRSで「放射線診断専門医」を希望するか「放射線治療専門医」を希望するかの意向調査が7月7日を締め切りとして開始されました。

JRS専門医とJASTRO認定医の2つの資格をお持ちの方、ならびにJRS専門医の資格のみお持ちの先生方には、名称変更審査申請調査書(以下調査書)が近日中にJRS事務局から郵送されます。変更申請に関する説明文を熟読の上、どちらを選択されるか決めて下さい。今回の選択をもって今後相互の変更はできないことになります。「放射線治療専門医」への移行をご希望の方はJRSから郵送される調査書を期限までに必ずJRS事務局に書留で郵送下さい。

JASTROでは意向調査は行いませんので、くれぐれもご注意下さい。

一方、日本放射線腫瘍学会認定医の資格のみお持ちの先生方には、「放射線治療専門医」への調査書をJASTRO事務局からお送りしますので、必要事項を記載の上、7月7日までに必ずJASTRO事務局に書留で郵送下さい。

敬具