ホーム > JASTRO 日本放射線腫瘍学会(医療関係者向け) > 公益社団法人 日本放射線腫瘍学会 ウェブサイト運用管理規程

公益社団法人 日本放射線腫瘍学会 ウェブサイト運用管理規程

(総則)

第1条 公益社団法人日本放射線腫瘍学会(以下本学会とする)は学会ウェブサイト(ドメイン名:jastro.or.jp、以下本サイトとする)等の運用・管理に際し「日本放射線腫瘍学会ウェブサイト運用規程」として本規程を設ける。

(目的)

第2条 放射線治療に関する情報発信、本学会の活動の広報等を通じ、会員、医療従事者、患者、一般市民への情報提供、利便に供することを目的とする。

(管理・運用)

第3条 本サイトの円滑な運用を図るため,以下の規程に従い、広報委員会が運用・管理する。

  • (1) 本サイトの統括管理者は、広報委員会担当理事(委員長)とし、統括管理者は別に、広報委員会内にて、運営責任者・担当者を置く。
  • (2) 担当者は学会事務局の補佐を受け、情報を発信する。
  • (3) 運用業務を外部委託する場合は、広報委員会が事業者を選定し、理事会がこれを承認する。
  • (4) メンテナンスを含むシステム管理は学会事務局が統括する。

(掲載内容)

第4条 第2条に定める目的に適う情報を掲載する。特に定めのない限り、本サイト運営責任者・担当者が掲載内容を検討し、統括管理者が承認する。

  • (1) 患者、一般市民向けに放射線治療への理解に資する情報、イベント情報、放射線治療施設の情報提供
  • (2) 会員、医療関係者に向け、本学会からの連絡事項、イベント情報、学術情報の提供
  • (3) 本学会主催の学術大会、部会学術大会、セミナー等に関する情報は、主催責任者もしくは担当委員会委員長等の指示により掲載することが出来る。掲載にあたり、外部に設置されたサイトをリンクする際、当該サイトは主催責任者もしくは担当委員会の下で管理されることとする。
  • (4) 本学会が作成した刊行物、文書等については、担当委員会委員長等の指示により掲載する。
  • (5) 会員への連絡・伝達を目的とした情報等は,本学会事務局が直接掲載することが出来る。本サイト内に会員向け情報共有や会員管理事務に必要な機能を備えた会員システムを置き、本学会事務局が管理する。
  • (6) ウエブサイト・バナー広告の掲載については別途の運用規定に従って募集、掲載する。
  • (7) 上記に該当しない項目については、本サイト運営責任者・担当者にて可否を検討する。
  • (8) 本サイトに掲載された情報の更新と削除は掲載の担当者が行う。担当者が不在のもので更新、削除が必要な場合は本サイト運営責任者・担当者がその適否を判断し、統括管理者が承認する。

(本サイト利用の制限等)

第5条

  • (1) 第三者のウェブサイトが本学会ウェブサイトへのリンクを希望する場合は、リンク申請をしなければならない。リンクできるのは原則として、医療関係者、公共団体もしくは社会的な利便に供することを目的とした組織の公式ウェブサイトトとし、リンク依頼については,本サイト運営責任者・担当者がその可否を判断し、統括管理者が決定する。
  • (2) リンク設定の際は,本サイトへのリンクである旨を明示し、本サイトを他のウェブサイトの一部として表示されるようなリンク設定は行わず、必ず新しいウインドウが開かれるようリンク設定をしなければならない。
  • (3) 以下に掲げる利用は申請を要する。
    • ①【ガイドライン】内の転載許可申請
    • ②【データセンター】内のデータ利用申請
  • (4) 以下についてはリンク申請の対象外とする。
    • ①【施設認定】内の認定施設との相互リンク
    • ②【専門医制度】内の関連団体との相互リンク
    • ③ その他、JASTRO.jp内でリンクフリーを明記しているサイト
  • (5) 以下に示すような第三者のウェブサイトが本サイトに言及し、または本サイトへのリンクを無断で設定し、本学会の事業や信用を害する恐れがあると判断された場合には是正を求める。
    • ① 営利,政治,宗教,その他,本サイトとリンクすることがふさわしくないサイト
    • ② 本サイトにリンクすることにより、本学会と特別な関係があるように装ったり,リンクの設定自体を営利目的とするサイト
    • ③ 掲載内容が,公序良俗に反する、又は、他者を誹謗中傷するサイト
    • ④ 本学会の社会的信用を貶める、又は、本学会に経済的損失を生じさせるサイト
    • ⑤ 科学的根拠のない記載及び誇張により、閲覧者に誤った情報を与えるサイト
    • ⑥ 知的財産権(著作権、商標権等)、プライバシー、肖像権等の権利を侵害又は侵害するおそれのあるサイト
    • ⑦ 反社会的内容が掲載されたサイト
    • ⑧ 法令その他公序良俗に反する内容を含んだサイト
    • ⑨ 本学会において問題があると判断したサイト
  • (6) 本サイトへのリンク元、および本サイトからのリンク先の内容に関して、本学会は責任を負わない。
    リンクに起因して本学会又はその関係者が損害(直接損害や間接損害の別を問わない)を被った場合には、リンクを設定した者に対して損害賠償を求めることがある。

(禁止事項)

第6条 本サイト運用上,以下に掲げる情報を掲載してはならない。

  • (1) 第2条に掲げる目的以外に使用すること。
  • (2) 誹謗中傷、プライバシーを侵害する内容の記事の掲載
  • (3) その他法令及び社会的常識・公序良俗・倫理に反する内容の掲載

(本サイトの安全管理)

第7条 統括管理者または運営責任者は本サイトのセキュリティ対策を十分に行い、外部からの不正侵入及び改ざん等を受けた場合は次の各号により迅速かつ適切な対応を行う。 

  • (1) 担当者、学会事務局は不正侵入及び改ざん等の有無を確認するため、定期的に本サイトを確認する。
  • (2) 不正侵入及び改ざん等を発見した者は、速やかに学会事務局に連絡する。
  • (3) 統括管理者は、不正侵入及び改ざん等を受けた場合は、本サイトのサービスを停止する等の対策を講じ、復旧に努める。
  • (4) 統括管理者は、不正侵入及び改ざん等の対策が終了した後は理事長へ経緯と状況を報告し、必要に応じて被害届を警察へ提出する。

(著作権(コピーライト))

第8条 本サイトに掲載されている情報、写真、イラストなど文字・画像等のコンテンツの著作権は特段の記載がない限り、本学会に帰属する。
非営利目的かつ個人での使用を目的として印字や保存を行う場合やその他著作権法に認められる場合を除き、当学会の許諾なく本サイトのデータの一部又は全部をそのまま又は改変して転用・複製・転載・頒布・切除・販売することを一切禁止する。
本サイトに掲載されている情報、写真、イラストなど文字・画像等のコンテンツの一部又は全部を転用・転載したいものは、広報委員会宛に申請をしなければならない。申請を許可するかは統括責任者が適否を判断する。

(免責事項)

第9条 本学会の情報は、技術上不正確な記載や誤植を含む場合がある。また、この情報は通知なしに変更または更新される場合がある。本学会は、この情報に記載された内容やプログラムを予告なしに改良、変更することがある。本サイトへのリンク元、およびリンク先の内容に関して、本学会は責任を負わない。
本学会は、いかなる場合においても、いかなる当事者に対しても、本サイトを使用したことにより生ずるいかなる損害に関しても、責任を負わない。

(規程の改廃)

第10条 本規定の改廃は広報委員会の決議を要する。

附則
制定:2022年6月9日