ホーム > JASTRO 日本放射線腫瘍学会(医療関係者向け) > 新着情報 > > 2020年JASTRO 全国放射線治療実態調査(2019年症例分、簡易版)へのご協力のお願い

2020年JASTRO 全国放射線治療実態調査(2019年症例分、簡易版)へのご協力のお願い

謹啓
 大寒の候、皆様には益々ご健勝のことと存じます。
 JASTROでは放射線治療を取り巻く急速な環境の変化を迅速に捉えるため、2年に1度、構造調査をWeb登録として行っております。解析データはJASTRO HP上でも公開され、回収率の高さから高い評価を受けております。ひとえに、皆様方のご支援の賜物と深く感謝しております。
 今回は2019年1月1日から2019年12月31日の各施設の放射線治療患者数を調査させていただければ幸いです。データ登録は下記webサイトでの登録、もしくはメールでの送付となっております。
 また2016年から開始された全国がん登録により日本のがん情報の正確な把握が可能となり、さらに多くの学会でも全国的ながん診療情報を収集・公開を開始しております。本学会においてもこれまでの構造調査よりさらに詳細な日本の放射線治療の実態把握が必要なっております。上記の経緯から疾患単位でのがん診療情報の情報を追加で収集する運びとなりました。全ての疾患の放射線治療情報を詳細に収集することは難しいと考え、年ごとに疾患を変えて調査することとし、今年度は肺がんの放射線治療についての項目を追加しております。
 本調査を含む、データベース委員会の調査への協力は施設認定を受けるための条件となっております。本調査の主旨にご理解いただき、ご協力お願いいたします。ご多忙のところ恐縮ですが、2020年2月末日までにご回答をお願い申しあげます。


敬具

日本放射線腫瘍学会 理事長 茂松 直之
同データベース委員長 小川 和彦

調査方法
登録期間: 2020年1月29日~2月29日
登録対象: 2019年(2019年1月1日~12月31日)に放射線治療を開始した症例
登録サイト: https://www.jastrodb.net/structure-survey/2020/00/index.html
問い合わせ先: jrod@jastro.jp