募集要項

2022年地域貢献賞 公募のご案内

2021年に 柄川 順 名誉会員からのご寄附金を原資として、特定費用準備金を設置し、今般地域貢献賞を設置いたしました。2022年より下記の要領で公募を行います。奮ってご応募ください。

  1. 本賞の趣旨及び対象
    放射線治療の発展に寄与した優れた地域貢献活動を展開した個人*または団体**(グループを含む)を表彰する。
    活動例は、以下の通り。
    ① 地域における放射線治療のレベルアップ活動
    ② 地域一般市民・就学者を対象とした啓発・教育活動
    ③ 災害時などにおける地域・多施設医療連携活動
    ④ その他地域貢献活動
  2. 応募資格:個人*:本学会の正会員・准会員
    団体**: 代表者が本学会の正会員・准会員(*/**共に、要5年以上の会員歴)
  3. 推薦者:名誉会員もしくは代議員1名
  4. 応募期間:2022年4月22日~6月7日(必着)
  5. 応募形式 及び 応募に必要な書類:
    自薦応募、他薦応募 どちらも可。
    (ア)所定の応募用紙
    自薦応募用紙(Excel)(15.4 KB)
    他薦応募用紙(Excel)(17.6 KB)


    (イ)活動の概要がわかる資料 8部

    上記書類を学会事務局*まで配達記録の残る形式(レターパック等)で郵送して下さい。
    ※郵送先
    〒104-0031 東京都中央区京橋1-4-14 TOKIビル5階
    公益社団法人 日本放射線腫瘍学会 事務局 宛
  6. 選考方法:賞等推薦委員会が予備審査を行い、受賞候補者を決定し、理事会で承認します。
  7. 受賞数:3 名(団体の場合は3 団体以内)
  8. 表彰等:受賞者には応募年の学術大会において賞状および副賞15万円(/人もしくは団体)が授与され、授賞者の活動の内容をホームページで掲載します。