他領域関連学会発表補助事業

他科における放射線治療への関心、専門知識の更なる普及のため、他学会で優れた研究発表を行う会員への発表を助成いたします。選考方法他詳細は以下内規をご参照下さい。

【他領域関連学会発表補助事業 内規】

第1条(目的と対象者)
日本放射線腫瘍学会学術大会における発表者の中から、基礎的または臨床的に大きな意義が認められている研究、または先駆的であり将来展開の期待できる研究であり、放射線治療の啓蒙・啓発を目的に放射線治療以外の学会でぜひとも発表して欲しいと考えられる発表を選考し補助の対象とする。原則として選考対象の日本放射線腫瘍学会学術大会時に45歳以下の若手研究者を選考する。
但し一度補助を受けた者はその後2年間は補助の対象とならない。選考後、2年以内の他学会での発表を補助の対象とする。対象者数は理事会にて決定する。

第2条(選考方法)
渉外・関連学会委員会が審査・決定し、結果を理事会に報告する。但し補助候補者と同一の施設に勤務する委員は、選考に参加しないことが望ましいが、前条の当内規の目的を考慮し、委員会で厳正に審査する。

第3条(補助金額)
一度の選考に対し、国内学会においては一人5万円、国際学会においては一人20万円を一回補助する。但し国内で開催されている国際学会においては5万円を補助する。
尚、国際学会への補助希望者が定数以上となった場合は、委員会にて審査・決定し、理事会に報告する。

第4条(必要書類)
補助決定後、2年以内に他学会での発表および出席を証明する抄録および出席証明書を提出すること。

第5条(その他)
JRR誌の投稿を勧奨する。
尚、補助金受領後にJASTRO NewsLetterへ寄稿を行う。

第6条(改廃)
本内規の改定および廃止は理事会が行う。

2016年8月20日 制定
2017年2月2日 一部改定
2019年4月12日 一部改定