JASTRO

公益社団法人日本放射線腫瘍学会

JASTRO Japanese Society for Radiation Oncology

ホーム > JASTRO 日本放射線腫瘍学会(医療関係者向け) > 学会誌・刊行物 > Journal Club

Journal Club

Number内容発表者
No.262
2022年08月31日
5-アミノレブリン酸(5-ALA)はミトコンドリアでの活性酸素種(ROS)生成の増加を介して低酸素による放射線抵抗性を克服する 生物部会・学術WG 細谷紀子
No.261
2022年07月11日
低線量X線誘発光線力学療法のための半導体放射線増感剤の組成調整 生物部会・学術WG 平山亮一
No.260
2022年07月11日
婦人科癌に対するハイブリッド照射(組織内照射併用腔内照射)のJASTROコンセンサスガイドライン 編集委員会・吉岡靖生
No.259
2022年05月17日
何十年にも渡ったラッセル夫妻のメガマウス実験において重大なデータを報告しないことに関するセルビー対ラッセル論争:起こったこと、現状およびいくつかの悪影響について 生物部会・学術WG 芝本雄太
No.258
2022年03月23日
ミオイノシトールトリスピロリン酸による腫瘍の酸素化は放射線応答を増強する 生物部会・学術WG 稲波 修
No.257
2021年12月17日
Parp1は睡眠を促進し、神経でのDNA修復を増強する 生物部会・学術WG 松本義久
No.256
2021年11月04日
脳腫瘍微小環境において放射線で生じた老化細胞を除去することで神経膠芽腫の再発を抑制することができる 生物部会・学術WG 安井博宣
No.255
2021年08月23日
放射線によって誘導されるオートファジーは、G2期チェックポイントの活性化に依存して引き起こされる ~膵がんにおける放射線治療抵抗性のメカニズム〜 生物部会・学術WG 細谷紀子
No.254
2021年06月21日
炭素イオン線を用いた超高線量率(FLASH)放射線治療:腫瘍環境における早期の一過性高酸素状態の生成 生物部会・学術WG 平山亮一
No.253
2021年05月07日
FLASH照射下における7-ヒドロキシ-クマリン-3-カルボン酸の生成量の顕著な変化 生物部会・学術WG 芝本雄太
No.252
2021年03月11日
治療によって誘導される細胞老化が骨損失を促進する 生物部会・学術WG 稲波 修

top